本文へスキップ


〒420−0029静岡市葵区研屋町45番地TEL. 054−252−1337

顕光院コンサートの記録


第13回「ふじのくに 歴史演談 お寺ツアー2017冬」

  平成29年3月26日(金)午後7時より、顕光院本堂にて開催されました。
 
  演目:「照久寺の仇討ち〜清河縁者返り討ち〜」
  出演:奥野晃士氏、音楽:ムッシュびあぼん氏

 今回の演談は、「駿河東海道おんぱく」の一貫として開催されました。
 当日は、最後の部分でゲスト女優さんも参加して、今回もステキな舞台になりました。



第12回「室内楽サロンコンサート 2016」

 平成28年10月17日(月)午後7時より、約1時間にわたり、顕光院本堂にて開催されました。

  演奏は、チェロ奏者のヘーデンボルク・直樹氏。
  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の正メンバーです。

   プログラムは
    J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調BWV1008
    黛敏郎:文楽
    J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調BWV1007

  本堂にチェロの力強い音が響き渡り、
  ついには、堂内の口径60センチ超の大馨子(大鐘)が共鳴するほど。
  こんなことは、これまでのコンサートにはなかったことです。
  演奏者にとってもはじめての体験だったようですが、
  心地よい響きだったので、そのまま演奏を続けられたとのことでした。

 お正月に、ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートを拝見していましたら、
 開演前にヘーデンボルク氏がインタヴューに応じられており、
 コンサート会場で演奏されている姿もしっかりと映されていました。
 
 ウィーン・フィルの楽団員が、まさか、顕光院の本堂でコンサート? 
 私たちも、開催までずーっと半信半疑でしたが、やはり本物だったんだと、改めて感激しました。

 今回のコンサートの主催者、アンサンブル・ラロのページはこちらへ。
    
       工房ピアピットさんのページへ
       
 日本語の facebook はこちらへ。

       吉永哲道氏のページへ    



第11回「ふじのくに 歴史演談 お寺ツアー2016夏」

 平成28年8月28日(日)午後6時より、顕光院本堂にて開催されました。
 
   演目:「鉄舟と次郎長」(江藤惇作『侍たちの茶摘み唄』より))
   出演:奥野晃士氏、音楽:ムッシュびあぼん氏(民族音楽)
 
 最後の将軍、徳川慶喜公の助命嘆願のため、
 駿府にいる官軍総大将、西郷隆盛との面談を求めて東海道を下る山岡鉄舟。
 ところが、興津周辺まで来てみると、ウンカの如き官軍に行く手を阻まれ、
 ついには薩摩兵から狙撃を受けて、逃げ込んだ先が望嶽亭。
 主人の機転によって難を逃れた鉄舟は、次路長親分に導かれて駿府を目指す。

 当日は、その望嶽亭主人の松永七郎平のご子孫も来場され、舞台を見守られる中で、
 奥野晃士氏の演談にもいっそうの熱がこもりました。

  奥野晃士のブログ(2016年8月)はこちらへ。

       吉永哲道氏のページへ 



番外2「ゲルニカ・リーディング・カフェ」

 2016年6月18日(土)午後3時から、顕光院本堂にて、
 「ゲルニカ・リーディング・カフェ」が開催されました。

 主催は、静岡空襲を語り継ぐ活動を進めている「ミッション・ゲルニカ実行委員会」。
 
 「リーディング・カフェ」とは、その発案者であるSPAC俳優・奥野晃士氏によれば、
 「俳優と、お茶とおしゃべりをしながら、気軽に一般の方々と台本の読み合わせをする会」です。

 今回は、奥野氏自身が顕光院東堂(前住職)に聞き取りをして書き上げた脚本『救いのお堂』を、
 リーディング・カフェのスタイルで朗読しました。 
 
 当日は、原作者の奥野氏は新潟で公園出演中のために欠席されましたが、
 自らも静岡空襲を体験された方から、現役の大学生まで、25名ほどの方が集まられ、
、関根淳子氏とカルーセル本杉氏の司会のもと、熱心に台本の朗読が行われました。
 
 当日の様子は、6月20日(月)に静岡第一テレビ「NEWS EVERY しずおか」で放映されました。
 また、朝日新聞、静岡新聞、中日新聞でもそれぞれ取り上げられました。


   新聞の記事はこちらをご覧下さい。
    
       静岡新聞(6月21日朝刊)の記事へ
  

   「ミッション・ゲルニカ」については、こちらをご覧ください。
 
       ミッション・ゲルニカについてのページへ  



第10回「こんちぇるてっくなお寺の夕べ vol. 2」

 顕光院開山 揚室印播大和尚 400回遠忌を記念して、
 平成28年6月3日(金)午後7時より、顕光院本堂にて開催されました。
 
  出演は、
  吉永哲道氏(ピアノ)、高田龍一氏(ヴァイオリン)
  森谷佳奈氏(チェロ)、山本彩子氏(メゾソプラノ)

 いずれも、東京芸術大学、または、モスクワ音楽院で研鑽をつまれた本格派です。

 また、今回のコンサートでは、100年前にイギリスで製造され、
 近年、解体修理を終えた顕光院所蔵のアンティーク・ピアノもお披露目されました。
 それにともない、解体修理を担当された工房ピアピット代表、渡辺順一氏による、
 このピアノの解説も行われました。

 120名の聴衆が、2時間にわたり、
 現在のものとは異なる柔らかなピアノの音色と、ステキな音楽に酔いしれました。

 また、当日の様子は6月6日(月)に、テレビ静岡「てっぺん静岡」で放映されました。


 工房での修理の様子は、工房ピアピットのページをご覧下さい。
    
       工房ピアピットさんのページへ
       
 もう一つ、吉永哲道氏のページはこちらへ。

       吉永哲道氏のページへ    



第9回「ふじのくに 歴史演談 お寺ツアー2016冬」

 平成28年2月26日(金)午後7時より、顕光院本堂にて開催されました。
 
  演目:「今井信郎、静岡へ 〜坂本龍馬を斬った男の半生〜」
       (江崎惇『侍たちの茶摘み唄』より)
  出演:奥野晃士氏、音楽:ムッシュびあぼん氏(民族音楽)

 幕末の英雄を殺害した”凶悪な暗殺犯”のイメージとは裏腹に、
 静岡県の教育や農業の向上に貢献し、
 榛原郡初倉村(現、島田市)の村長まで務めあげた最後の侍 今井信郎の実像に迫る、
 奥野晃士氏の一人芝居!

 当日は、最後の部分でゲスト女優さんも参加して、今回もステキな舞台になりました。



第8回「ふじのくに 歴史演談 お寺ツアー2015」

 平成27年7月29日(水)午後7時より、顕光院本堂にて開催されました。
   
  演目:「前を歩く人 〜坦庵公との一日」
       (第17回「伊豆文学賞」最優秀賞受賞作品)
  出演:奥野晃士氏、音楽:ムッシュびあぼん氏

 世界遺産登録で話題の、韮山反射炉を築いた洋学者であるとともに、
 19世紀前半に、伊豆韮山代官として善政を敷いた江川坦庵(英龍)を取り上げた作品。
 ムッシュびあぼん氏の演奏に合わせた、奥野晃士氏の一人芝居。

 当日は、原作者の小長谷建夫氏も参加されて、ステキな舞台となりました。

第7回「時をかけるジョングルール」

 平成25年11月10日(日)午後7時より、顕光院本堂にて開催されました。
   
 中世ヨーロッパの放浪楽師達に扮した演奏者が、古楽器を奏でる楽しい催し。

   出演は、名倉亜矢子氏(歌、ゴシックハープ他)
       辻康介氏  (歌、語り他)
       近藤治夫氏 (バグパイプ、ハーディガーディ他)    
       上田美佐子氏(中世フィドレ、レベック他)
       立岩潤三氏 (パーカッション)
   演出は大岡淳氏、ゲストとして石橋愛子氏が出演されました。  

 中世ヨーロッパの放浪楽士達に扮した演奏者が、本堂の中を歩きまわりながら、
 様々な中世ヨーロッパの古楽器を奏でる、とても楽しい演奏を届けてくれました。
 開演直前には、山門から演奏しながら歩いてきてくれたのですが、
 これを見ることができた人は、たぶん2人か3人くらい・・・。
 本堂の中で開演を待ってくれていた皆さん、惜しいことをしました・・・。。 

 おまけに、大岡淳氏による落語や、演奏者達による中世民衆劇の舞台もあり、
 笑い声もたえない、大いに盛り上がった催しでした。

 出演されたジョングルール・ボン・ミュジシャンのページはこちらへ。
 
          ジョングルール・ボン・ミュジシャンのページ




第6回「映像&現代音楽の夕べ at 顕光院」

 平成25年3月1日(金)午後6時30分より、顕光院本堂にて開催されました。

 映像は、2012年3月30日に乳がんで亡くなられた故渡辺容子さんのドキュメンタリー、

  「がん・容子の選択―最後まで悔いなく生きたい!―」
                  2012年/102分/企画・制作ビデオプレス
    渡辺容子さんの著書
     『負けるな子どもたち」(径書房、1989)
     『乳がん、後悔しない治療』(径書房、2011)
     『「乳がんです」と言われたら、あわてて切ってはいけない』(2012)

 現代音楽は、永井朋夫氏による「おりん」(仏壇などにある、お椀型の小さな仏具)の演奏でした。

    永井朋夫氏は1975年静岡生まれ。東京芸術大学大学院修了の演奏家です。

 故渡辺容子さんのブログ「暗川」はこちらへ。

           渡辺容子さんのブログ「暗川」



第5回「四つの手とひとつの口のための音楽」

 平成24年11月4日(日)、顕光院本堂にて、午後7時より開催されたコンサート。

   演奏は、
     第3回のコンサートにも出演されたフランス在住の仲野麻紀さん(サックス)と、
     フランス在住のギリシア人ピアニストのステファン・ツァピスさん(キーボード)。

   それに、
     静岡県舞台芸術センターSPAC俳優のいとうめぐみさん(朗読)と、
     作曲家の渡会美帆さん(鍵盤ハーモニカ)が、ゲストとして出演されました。
    


第4回「こんちぇるてっくなお寺の夕べ」

 平成24年6月8日(金)、顕光院本堂にて、午後7時より3時間にわたって、
 3人の女性ミュージシャンと、SPAC(静岡県舞台芸術センター)の男性俳優による、
 ちょっと不思議なクラッシック・コンサートを開催しました。

   演奏は、
     YouTube Symphony Orchestraカーネギーホール公演にゲスト出演した、
       須藤英子さん(キーボード)
     ユニットSTELLAのメンバーとしてNHKの番組などにも多数出演している、
       森谷佳奈さん(チェロ)
     栃木県で開催されたフォーミュラ日本全日本大会で国歌を独唱した、
       山本彩子さん(メゾソプラノ)
            という、東京藝術大学の同期生トリオ。

     ゲストとして、SPAC専属俳優の奥野晃士氏が出演されました。

 演目は、クラッシックの中から、組曲ペールギュントの一部、
 映画音楽でおなじみのロミオとジュリエット、
 それに日本の歌曲やミュージカル、現代音楽など、実にさまざま。

 加えて、須藤英子さんによる、トイピアノ(おもちゃのピアノ)の演奏という、
 めったに聞くこと(見ること)のできないものまで飛び出す素敵なコンサートになりました。

 当日の様子を、静岡情報サイト「しずふぁん」のIshiyaさんが紹介して下さっています。
    
       しずふぁん・ISHIYAさんのページへ
       
 もう一つ、須藤英子さんのトイピアノ演奏のページはこちらへ。

       
         YouTubeで、須藤英子さんによるトイピアノの演奏も聞けます。
 



番外1「リーディング・カフェ at 顕光院」

 平成23年11月28日(月)午後7時より、顕光院茶室「修証庵」にて、
 静岡県舞台芸術センター(劇団SPAC)が県内各地で開催している、
 「リーディング・カフェ」を開催しました。

 この会の中心的存在である、SPAC俳優の奥野晃士氏によれば、
 「リーディング・カフェとは一言で言うと、俳優と、お茶とおしゃべりをしながら、
  気軽に一般の方々と台本の読み合わせをする会」とのこと。

 今回読んだのは、ギリシア悲劇の傑作、「オイディプス王」。
 今年秋のリーディング・カフェ・ツアーの最後を飾るこの回には、
 奥野晃士氏を含めて10人が集まりました。




第3回「BALA DEE(バラデ)から 世界のノーボーダーへ
                        願いを込めて」


 平成23年10月31日(月)夕方、顕光院本堂にて、
 西アフリカ内陸の国、ブルキナファソ(旧名オートボルタ共和国)の伝統音楽と、
 ヨーロッパの楽器のコラボレーションによるコンサートを開催しました。

   アフリカ=ヨーロッパ=日本を結ぶコンサート

   出演は、
     モッサ・ヘマ氏(バラフォン・唄、ブルキナファソ出身)
     仲野麻紀氏(サックス・メタルクラリネット・ネイ、日本出身)
     ヤン・ピタール氏(ウード・ギター、フランス出身)
     ガストン・ジーコ氏(パーカッション、フランス出身)

     それに、SPAC俳優の奥野晃士氏が特別出演

   残念ながら、当初出演予定でしたバシール・サノゴ氏(カマレンゴニ・ジャンベ担当)は、
   母国コートジボアールの内戦のため、出国ができず、当日の出演はかないませんでした。        

  その、活気にみちた、素晴らしいコンサートの様子を、写真ですがご覧ください。




医王山顕光院

〒420-0029
静岡市葵区研屋町45番地
TEL 054-252‐1337
 住 職 木村  文輝
 東 堂 木村 自佑